【IKKO】についてはこちらからカテゴリの記事一覧

IKKO

IKKO(いっこー、1962年1月20日 - )
IKKOは日本のメイクアップアーティスト・またIKKOはヘアメイクアップアーティスト。
IKKOは豊田一幸(とよだいっこう)名義でも活動している(IKKOの本名は「とよだかずゆき」)。IKKOは福岡県田川郡方城町(現在の福智町)出身。

IKKOは美容師を経て、1992年に「アトリエIKKO」を設立、主宰。IKKOは女性誌の表紙・ファッションページや、テレビ・CM・舞台などで、数多くのファッションモデル・女優・女性タレントのヘアメイクを手がける。

IKKOは最近では、バラエティに出演したり、トークショー等でIKKO自らの体験談を披露することも多い。IKKOは裏方(ヘアメイク)ではなく、IKKO自身が表舞台に出るときのメイクはもちろんIKKO自身で行うが、それだけでなくIKKOは衣装のスタイリングもIKKO自身が手がけ、最近はほとんどグッチ(GUCCI)で揃えているという。

IKKOは年に1回ディナーショーを開催しており、メイクのデモンストレーションとトークショーに加え、最近では、IKKOは、歌(山本リンダの名曲「どうにもとまらない」をスローにアレンジしたもの)を披露している。

IKKO

IKKOは、司会者の逸見政孝の専属ヘアメイクとして全幅の信頼を受けていた。また、IKKOは逸見が亡くなった際の死化粧も行った(2006年6月11日放送日本テレビ系『いつみても波瀾万丈』より)。
IKKOは、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の「MONEY WARS ギャラ High&Low」に出演した際、IKKOは、席を移動するたびに石橋貴明から「背中広っ!」と言われていた。

IKKOは、2006年7月、初エッセイ『超オンナ磨き〜美のカリスマIKKOの幸せを呼ぶゴールデンルール』を出版。IKKOは、「コンプレックスこそオンナ磨きの原点」として、IKKO自身の体験から得た誰でもすぐできる実践的なノウハウを伝授。IKKOは、新・美のカリスマとして評判を呼び、テレビや雑誌でもIKKOはブレイクしている。

IKKOの口癖は「どんだけ〜」である。IKKOのこの口癖「どんだけ〜」は、流行語となっており、若者の間でも使われることがある。

IKKO

また、IKKOは、「どんだけ〜」ブームを巻き起こしたのはIKKOだと言われているが、芸能人で最初に使い始めたのはFUJIWARAの藤本敏史で、藤本がバラエティ番組の仕事で行ったオカマバーでその店の店員の一人が使っていた口癖にまず藤本が食いつき面白がって使っていたのをIKKOも使い始めたものである事をナインティナインの岡村隆史がナインティナインのオールナイトニッポンで語っている。

IKKOは、行列のできる法律相談所で島田紳助と共演した際、「玉IKKO」といじられていたが、のちに使われなくなった。


IKKOのレギュラー番組は、

世界バリバリ☆バリュー(TBS系列)
メレンゲの気持ち(日本テレビ系列 2005年9月〜2006年7月)
めんたいワイド(FBS福岡放送)※水曜日コメンテーター
おネエ★MANS(日本テレビ系列)


IKKOの主な著作は、

IKKOの振袖ロマンティック(主婦と生活社、2004年)
IKKOウェディング――永遠のガーリッシュウェディング(主婦と生活社、2005年)
超オンナ磨き〜美のカリスマIKKOの幸せを呼ぶゴールデンルール(アスコム刊、2006年7月)
IKKO 女の法則(世界文化社刊、2007年6月)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。